製品紹介

製品紹介

動物病院専用 標準モデル

酸素中毒を防ぎ、二酸化炭素を効率的に排出する特殊設計です。人間用の酸素濃縮器とは異なります。

酸素濃縮器H-16型

人気のベストセラー! 2016年以降だけで、約2,000台の納入実績

毎分10L 安全な45%濃度で供給(約90%への切替可)

価格:¥220,000-(税込)

酸素濃縮器Fフラッシュ-17型

大型犬用ICUにも使えるハイパワーモデル

毎分20L 安全な45%濃度で供給(約90%への切替可)
大型犬にも、3ケージ同時使用可、酸素ボンベの節約効果が顕著です。

価格:¥363,000-(税込)

麻酔器に使えます

酸素濃縮器MA-17型

酸素ボンベ不要でエアー混合麻酔が可能

麻酔時の酸素濃度を約25%から90%の範囲で
任意に調節することができます。

価格:¥286,000-(税込)

専用ホース

H16型に接続して使用します

酸素ガスの節約・ガス欠の防止効果があります。
酸素濃縮器(H-16型)で麻酔をかける=専用ホースを接続するだけ

価格:¥13,200-(税込)

その他製品

専用ケージ

酸素ボンベ不要でエアー混合麻酔が可能

中型ケージ価格:¥198,000(税込)
小型ケージ価格:¥132,000(税込)
リユース品(定価の半額です)

扉加工サービス

入院ケージを酸素室として活用できる扉加工サービス

加工賃:
小型ケージ(560×560):¥27,500(税込)
中型ケージ(600×700):¥38,500(税込)

CTカプセル

撮影はもちろん麻酔・ネブライザーにも使えます

酸素濃度計TM-7000型

手のひらサイズの軽量型 酸素濃度計
医療用として1970年に日本で最初に開発された酸素濃度計の技術を継承しています(※)。

価格:¥44,000(税込)

※(原著論文)
酸素濃度連続測定器の性能と其応用例医科用酸素Analyzerの改良
Source:医科器械学雑誌(0019-1736)40巻4号 Page315-322(1970.04) Author:中山正分 (理研計器), 高塚益 , 小林照男(当社会長) , 斎藤諭

メンテナンス・保証・修理費

当社酸素濃縮器は連続運転で3年間品質保証いたしますが、3~5年のご使用でゼオライト・コンプレッサー交換などの必要が生じます。

保証期間経過後のメンテナンス費の概算
ゼオライト交換 (¥49,500-)+技術料(¥20,000-)併せて¥70,000-ほどかかります。
稀に5年程度の使用でコンプレサー(¥38,500-) の交換が必要となる場合があります。

メンテナンス後の保証期間
メンテナンス後の保証期間は2年になります。修理期間中は代替器をお貸出し致します。