他社とは違うテルコム
~臨床現場でのCO2再呼吸の検証と低減への取り組み~

ケージに蓄積されたCO2は再呼吸されます

ヒトでは、マスク・カニューラーなどを用いて酸素投与し、呼気は外気に放散されますが動物ではケージに収容しての酸素投与ですので、呼気の逃げ場がなくケージに蓄積して行きます

動物はケージに蓄積した炭酸ガスを再呼吸しており、これが思いのほか高濃度です

吸入気の炭酸ガス許容濃度は如何ほどか?
人体に於けるCO2(炭酸ガス)濃度の基準値及び人体への影響を下に示します。

炭酸ガス濃度の基準値
二酸化炭素の濃度と人体への影響

☆労働衛生のしおり:(事務所衛生基準規則第3条)室内環境基準=0.5%(5,000ppm)
☆学校環境衛生基準:1,500ppm以下が望ましい

人間におけるこの様な基準に準拠し、当社では動物用ではありますがケージ内炭酸ガス許容値の目途を5,000 ppm と考えております。
(米国の獣医科病院で使われているICUでも5,000ppmで警報を出すようになっています)

ケージ内に蓄積する炭酸ガス濃度の実態

当社従業員の愛犬ムックちゃんに患者になってもらいました。

  • 【送入酸素】3L/min 酸素濃度81%
  • 【ケージサイズ】(80㎝×55㎝×55㎝)体積242L
  • 【炭酸ガス測定器】テクネ計測、EE-80 CO2トランスミッター
  • 【酸素ガス測定器】テルコム、TM-4000 ガルバニックセンサー
ムックちゃん

・キャバリアキングチャールズスパニエル
・名前「ムック」・9歳 ♂・体重 9.1kg

ムックちゃん
経過時間(分’秒”) CO2濃度(PPM) O2濃度(%)
09’00” 2516 26.5
19’00” 3440 32.8
29’00” 4620 38.8
33’16″ 実験中止 5200 40.5

実験開始後 僅か30分にして大気の15倍のCO2濃度5,000PPMに達し、恐ろしくなり実験を中断しました。

この様な実態に鑑み、国内数か所の動物病院に於いて下記要領でCO2低減を試みて頂いた実例を報告します。

臨床現場で炭酸ガス蓄積を低減する・・実例報告

1. ICUの自動換気装置を起動してCO2を低減した。

臨床 動物病院ICUの事例①

観察期間中の炭酸ガス濃度の最高値は10,600ppmを記録しています。
こちらの施設では「炭酸ガス蓄積」を確認されたのち、ICU装置の自動換気機能を起動されケージ内を一定間隔で換気する措置を実施されています。

2. ICUの扉を開閉してCO2を低減した。

臨床 動物病院ICUの事例②

画像に示されている青線は体動、緑線は温度、水色線は湿度、赤線は酸素濃度、オレンジ色線は炭酸ガス濃度の経時変化を示しています。

この症例でも、最高値は11,800ppmまで上昇しています。こちらの施設でも「炭酸ガス蓄積」を確認されたのち、ICU装置の扉を開放することで換気措置を実施されています。

更に、「炭酸ガス濃度5,000ppm」を扉開放による換気の実施基準として設けられました。

3.テルコム酸素濃縮器を使用してCO2を低減した。

臨床データ 動物病院ICUの事例③-1

酸素ボンベにて酸素供給
夜間になって体動の増加に伴って炭酸ガス濃度が上昇傾向を示し、10,000ppmを超えています。

臨床データ 動物病院ICUの事例③-2

こののち、酸素ボンベに加え、テルコム社製酸素濃縮器H-16(流量10ℓ/分)を用いてICU装置の前面扉より濃縮酸素の供給を開始されています。

この結果、体動は大きい状況は継続していますが、炭酸ガス濃度は8,000ppmから3000ppmに下降し、酸素濃度も40%まで徐々に上昇しています。

アメリカのICUには炭酸ガス吸収剤(ソーダーライム)の使用が普及しておりますが入院費が高騰することが難点です。

当社の、毎分10ℓ及20ℓ(酸素濃度45%)の酸素濃縮器を利用した場合、ケージ内換気が促進でき炭酸ガス蓄積を抑制できます。

テルコムの酸素吸入システムは、ケージには敢えて隙間や換気孔を設け、更に酸素濃縮器は大量の酸素を送り込む独特の設計で、ケージ内への炭酸ガス蓄積を低減します。小動物の酸素投与に特化した酸素ハウスです。

気密性が高いケージを使った場合の問題点

機密性が高いケージを使った場合の問題点(グラフ)

3㎏の小型犬で、空気漏れが殆ど無いケージで、酸素濃度を40%で調節しておく場合を想定したシミュレーションです。

ケージ内酸素濃度が40%に達すると酸素の供給は停止します。
同時にケージには炭酸ガスのみが限りなく増え続け、3時間もすると5,000ppmに到達します。

時々扉を開けるなどで換気する必要がありますが、問題は夜間の対応です。

病院での炭酸ガス蓄積を検証できる装置をお貸出し致します。

臨床データ 動物病院ICUでの検証方法

当社では、ケージ内での酸素濃度・炭酸ガス濃度・温度・湿度の実態を把握して頂けますように専用の測定装置を用意しております。

テスト的にご使用希望の動物病院さんには2か月間無償でお貸出しいたします。
ご遠慮なくご活用ください。

多くの病院さんで実測の上、より安全な酸素療法を探って頂けることを願います。