テルコム株式会社

家庭動物の健康を目指し、酸素ハウスで在宅ケア

困ったときは?

酸素ハウスをご利⽤の多数のお客様からお寄せいただいた、代表的なご相談です。
上記などでお困りのさいは、以下についてお試しになってみてください。

酸素ハウスに入ろうとしない

「マスク」で酸素吸入する

ケージに入れない子や大型犬の場合、マスクでの吸入がおすすめです。
※ご使⽤時に必要な、マスクやホースは、無料でお貸しいたします。お気軽にご相談ください。

マスク使⽤時の留意点

呼吸の様子やお好みで緑・白どちらのホースも使えます。
緑ホース:80%以上、1~2L/min
白ホース:45~50%、8~10L/min

マスクはお椀型です。マスクの軸が口鼻に向くように、タオルなどをあてがってください。
※マスクを嫌がったら外して、ホースの先から吸入もできます。

布団に一緒に入る。

布団にスッポリと入れて、抱っこしてあげ、ホースを引き込みます。

あきらめさせる。

ご家族が一緒だと甘えてしまうこともあります。心を鬼にし、本人からご家族が見えないようにして、あきらめさせるのも手です。

頭に袋をかぶせます。

見映えは良くないですが、エリザベスカラーに袋を付けて頭にスッポリ被せ、その中に白ホースを入れる。
※袋を被せるとパニックになる子もいますが、以前、被っていることを忘れて、そのままお水を飲もうとした子もいたくらいです!

お留守にされる場合

飼い主さん不在で、ケージに入室している子たちのストレスを考えると、お留守にされる場合は、いつでも出入りできるよう、扉を半分開放しておく方法をおすすめします。猫の場合は、小窓を開放するという手もあります。
ご注意!万が⼀ですが、故障のケースもあるかもしれません。どんな時も酸素吸入が必要な子の場合は、お留守にされる場合、病院へ預けられることをお願いいたします。

夏場の温度管理について

冷房を点けて、ケージを置いたお部屋全体の温度を下げます。

更に水を入れて凍らせたペットボトルをケージの中や上に置きます。

小型ケージの冷却実験データ

※夏場の温度管理にどうしても不安をもたれる場合は、万が一の時、すぐ対応できるよう、飼い主さんの目の届く時だけ、ケージの中に入れるようにしてはいかがでしょうか。

冬場の温度管理

暖房を点けて、ケージを置いたお部屋全体の温度を上げます。また、ケージ内にホットマットを敷いたり、湯たんぽを入れたりできます。

酸素ハウスに関するお問い合わせや、レンタル等のご相談は、お気軽にご連絡ください。

年中無休

0120-326-002

受付時間 9:00~18:00
(年末年始 9:00~17:00)