テルコム株式会社

家庭動物の健康を目指し、酸素ハウスで在宅ケア

よくあるご質問

よくあるご質問Q&A、酸素ハウスの使用方法についてお答えします。

初めてなので、うまく使えるか心配です。
設置・稼働方法はとても簡単です。
まず酸素濃縮器の電源コードをコンセントにつなぎます。次に白ホースの一方を酸素濃縮器に、もう一方をケージに挿し込みます。あとは電源スイッチを押すだけです。
酸素が無くなることはありますか?
酸素ボンベとは違い、酸素が無くなることはありません。酸素濃縮器は、お部屋の空気を取り込み、内部で酸素を精製します。
ケージに穴が設けられていますが、酸素は逃げないのですか?
ケージに設けた穴・隙間の面積と容積を計算した上で、酸素濃縮器から一定の量・濃度の酸素を供給しています。
ケージに風が当たらない環境でお使いいただければ、穴を開けた状態で中は30~38%の酸素濃度を保ちます。
ケージ内の酸素濃度を調節することはできますか?

ケージ開口部の大きさにより濃度を調節できます。

<濃度を上げる場合>

側面の穴、その他隙間を塞ぎ、開口部を減らします。(40%前後~45%)

<濃度を下げる場合>

正面の丸窓を開ける 等、開口部を増やします。

※適切な濃度は、お使いになる子の症状等によります。ご心配な方は獣医師へご相談ください。

ケージ内の温度管理はどのようにするのですか?

酸素ハウスには温度管理をする機能がありません。各ご家庭での温度管理が必要です。ケージ内は入る子の呼気や体温により温度が上がります。

<温度を下げる場合>

冷房を点けてお部屋全体の温度を下げます。必要に応じて、更に、水を入れて凍らせたペットボトルをケージの中や上に置きます。

<温度を上げる場合>

暖房を点けてお部屋全体の温度を上げます。また、ケージ内にホットマットを敷いたり、湯たんぽを入れたりできます。

ケージサイズはどのように決めればいいですか?

小型ケージ:幅60×奥行40×高さ40(cm)
中型ケージ:幅80×奥行55×高さ55(cm)

体重目安は、小型ケージは約6kg、中型ケージは約14kgまでです。

※体重はあくまでも目安にしてください。入る子の呼気量や体温 等によって、目安の体重内でも温度管理が困難な場合があります。

※体長や性格、使い方によっても異なります。例えば、狭い方が落ち着く子や中にトイレやお水が必要な子もいますので、詳しくはオペレーターにご相談ください。

電気代はどのくらいかかりますか︖
24時間連続運転した場合、1日辺り約150円です。(1Kw/h≒23円)
器械が動かなくなったらどうすればいいですか?

●電源ボタンに触れず、器械の側面または背面下部にあるブレーカーボタンを1度押してください。

復旧しない場合、電源ボタンを押してください。

●酸素濃縮器のコンセントを一度抜いて、数分後、再度コンセントを繋ぎ電源を入れてください。

※上記の方法で復旧しない場合はご連絡ください。万一の故障や停電に備え、お近くの設備のある病院をご確認いただくことをおすすめしております。

酸素ハウスに関するお問い合わせや、レンタル等のご相談は、お気軽にご連絡ください。

年中無休

0120-326-002

受付時間
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
年末年始 9:00~17:00