製造拠点(フィリピン工場)

工場全景

工場全景

工場レイアウト

工場レイアウト

テルコム酸素濃縮器は、開発から製造まで全てを自社工場で完成しています

30年に及び蓄積してきた酸素濃縮器製造技術と自社工場での製造により、低価格で提供しつつ他社では真似のできない安心の3年保証つきです。

工場従業員一同。

工場従業員一同です。

フィリピン工場は、セブ島マクタン国際空港と同一敷地内の輸出加工区(MEPZ: マクタン エキスポート プロセッシング)内にあります。

当工場は酸素濃縮器のみを生産するテルコムの直営工場です。
フィリピンは「若い労働者の国」と言うものの、年長者が多い工場です。
従業員には医器研でヒト用の酸素濃縮器を製造していた時代からの20年以上の勤続者も居り、彼らの熟練技術が高品質の製品を生みだします。

動物専用の特殊仕様の酸素濃縮器であり大量生産できませんので小さな工場ですが、金属加工・木工加工・塗装加工・電気配線・そして完成品組立まで、全てが自社工場内で、手作業で完結しております。
部品類は、日本国は当然ながら、米国・中国・アジア・ヨーロッパなど各国から輸入しておりますが、関税のかからない特別区での工場でありコストダウンにも大いに貢献しております。

工場所在地

Cebu国際空港北端の輸出加工区内